2017年08月30日

自著の表紙『若槻菊枝 女の一生 新潟、新宿ノアノアから水俣へ』

自著『若槻菊枝 女の一生 新潟、新宿ノアノアから水俣へ』について。

表紙、見ていただけましたか?

私はこの表紙が大変気に入っています。

いろいろな案があったのですが、この表紙にしてよかったです。

本の発売前、私の本の担当者の方が、このようなツイートをされていました。




色校正の真っ最中!
赤い色といっても、微妙に色の違う何種類かを見比べました。
タイトルの文字の色も、いろいろ試してたり。

実際に自分の本が届いて、本を手にして、表紙の出来栄えにほれぼれしてしまいました。

本を読み終えた後も、表紙が見えるように飾っておきたくなります。

皆さんにも見ていただきたいです。




若槻菊枝 女の一生  新潟、新宿ノアノアから水俣へ -
若槻菊枝 女の一生 新潟、新宿ノアノアから水俣へ -
posted by みの at 14:29| 水俣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin