2014年03月31日

水俣病被害者互助会 第二世代訴訟判決がでました。

(2014年3月31日午後の時点での記録です)

2014年3月31日、熊本地裁で、水俣病に関する判決が下されました。
水俣病被害者互助会による第二世代訴訟と呼ばれる裁判で、原告8人が、国、熊本県、チッソを被告に、水俣病の損害賠償請求をしていたものです。

判決は、原告8人のうち3人の賠償請求を認め、5人の訴えを棄却するという内容。
賠償が認められた3人の賠償額は、報道によると220万〜1億500万円とのこと。

賠償請求を認められた3人のうち、特に重症のお一人の方だけは、請求どおり1億円ちかくの損害賠償を認めたようです。
残りの二人については、220万〜ということしか現在ではわからないのですが、どちらかお一人の損害賠償額が220万円だとしたら、ここまで低額になる根拠が気になります。
もともと原告の損害賠償請求額は(重症の方をのぞき)一人あたり1600万円で、これは、チッソと「認定患者」が締結する補償協定に準じた金額でした。

原告8人は、故原田正純医師によって、水俣病と診断されている方々です。
公的には水俣病と認められていない、未認定患者ですので、裁判では、水俣病患者であることを認めさせることが目的の一つでした。

しかし裁判では、8人のうち5人は、水俣病とは認められなかったわけで、裁判所は原告の水銀暴露歴を調べる際、原告の同居家族に認定患者がいるかいないかを考慮したようです。

ただ、家族に認定患者がいないことが、原告の水俣病を否定する材料にはならないと思います。

例えば、認定患者のなかには、一回目の認定申請では認められず、二回目、あるいは三度目の申請で認定患者になった人もいます。もし、一回目の申請で諦めてしまったら、未認定患者のままです。また、認定申請は一回しかできないと思い込んでいる人もいます。(認定申請についての情報が正確に広報されていないことが原因)

医者に水俣病の申請をしたいと申し出たら、そんなバカなことするのかと、露骨に嫌な顔をされて、申請をあきらめてしまった人もいます。(認定申請を阻止する圧力)

胎児性水俣病の子どもを出産した母親が、認定されていないケースもあります。

地域から認定患者を出すな、という圧力があり、申請ができなかった人たちもいます。

このように、誰もが申請できる環境にいたわけではないのです。

また、こういう方もいらっしゃいます。自分と同じような症状が、周囲の人にも同じようにあったので、自分の体の具合がおかしいことに気づかなかった。よって、体調不良の原因が水俣病によるものだとも知らず、認定申請はしてこなかった――というケースです。

ですから、同居家族に認定患者がいる・いないは、本人の水銀暴露暦や水俣病であるかどうかを否定する情報には成りえないと思うのです。

報道にざっと目を通すと、「未認定患者3人に賠償」「賠償1億超え」といった見出しから、原告が勝訴した喜ぶべき判決がでたような印象を持ちますが、原告8人のうち5人の訴えは棄却されているわけです。よって、

「未認定患者5人の訴え棄却」
「賠償220万しか認めないケースも」

といった見出しも間違っていなかと…。

続報入り次第、リポートしたいと思います。





お知らせ

4.2 水俣病被害者互助会 第二世代訴訟 判決報告東京集会
2014年 4月2日(水) 6時半―8時45分 午後6時開場  連合会館 4階 402会議室
参加費 500 円

主催 水俣病被害者互助会第二世代訴訟原告団/水俣病被害者互助会第二世代訴訟弁護団
共催 水俣病訴訟を支える会
協力 東京・水俣病を告発する会/チッソと国の水俣病責任を問うシンポジウム実行委員会/最首塾
連絡先 千代田区神田淡路町1−21−7静和ビル1A(東京告発)/090−3533−4489(久保田)

    

posted by みの at 23:59 | TrackBack(0) | 水俣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/393455935
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。