2010年02月10日

マンデラの偉大さ〜映画『インビクタス/負けざる者たち』

注目!
2/11は“不屈の指導者”ネルソン・マンデラ釈放の日!
新宿ピカデリーにて12:40の回上映終了後に
“不屈のボクサー”内藤大助さんによる応援舞台挨拶!
空席情報などは劇場HPで!http://bit.ly/cf



映画『インビクタス/負けざる者たち』
(以下、Yahooボランティア公式ブログに掲載された記事の転載です)

南アフリカのネルソン・マンデラ大統領が実際に起こした“奇跡”の物語。
映画『インビクタス/負けざる物たち』の感想を一言で述べてみました。

ネルソン・マンデラの生き様に、吸い込まれそうになりました。


ズバリ!この映画は、マンデラの魅力に尽きると思います。

1 2010020.jpg
(C) 2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

・・・
舞台は、アパルトヘイトによって、黒人と白人の人種差別が依然として残る1994年の南アフリカ。
27年間、監獄に囚われていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は、釈放されて、南ア初の黒人大統領になりました。

マンデラは、95年に南アでラグビーのワールドカップが開催されることに目をつけ、ラグビーを通じて、人種の違いを超えた一つの国を目指すことを決意します。
ところが、当時の南アでは、ラグビーは白人のスポーツであり、アパルトヘイトの象徴でもあったのです。
ですから、南アのラグビー代表チーム「スプリングボクス」の存在に対して、黒人たちは強い嫌悪感を持っていました。

さらに、南アのスポーツ界は、アパルトヘイトのため、国際的な試合から長年締め出されていたこともあり、スプリングボクスは国際試合での経験も乏しく、力不足は明らかでした。
ただし、ラッキーなことに、ワールドカップ開催国には、自動的に出場できることが認められていたのです。
誰もが、スプリングボクスが勝ち進むことに期待していないなか、マンデラは、チームのキャプテン、フランソア・ピナール(マット・デイモン)に、ワールドカップでの優勝を託すのでした。
それは、マンデラの夢である、多様な人種で創る国“レインボー・ネイション(虹の国)”の実現に向けた、大きな挑戦でもありました。

2_20100208.jpg
(C) 2009 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.

マンデラの強力な支援と人間的な魅力は、ピナールだけでなく、選手にも影響を及ぼしていきました。
大統領からの依頼で、選手たちは、黒人の子どもたちにラグビーを教え始めます。
白人のスポーツと嫌っていたラグビーが、次第に、人々の共通の関心になっていったのです。
そして、南アでのワールドカップの開催。
ピナールは、スタジアムを埋めた国民の声援をバックに、チームが背負っている重大な意味を見出すのでした。

望んでも望まなくても、
僕らはもはや単なるラグビー・チームではない。
時代は変わる。僕らも変わらなきゃならないんだよ。
−フランソワ・ピナール
映画『インビクタス/負けざる者たち』より



スポーツが国を一つにするということ。
敵対していた白人と黒人が、一つの“南アフリカ”というアイデンティティーを持って歩み始める姿に、獄中のマンデラを勇気づけたという詩「インビクタス」(不屈)が重なります。


インビクタス byウィリアム・アーネスト・ヘンリー

私を覆う漆黒の夜
鉄格子にひそむ奈落の闇
私は あらゆる神に感謝する
我が魂が征服されぬことを

無惨な状況においてさえ
私は ひるみも叫びもしなかった
運命に打ちのめされ
血を流しても
決して屈服はしない

激しい怒りと涙の彼方に
恐ろしい死が浮かび上がる
だが 長きにわたる
脅しを受けてなお
私は何ひとつ
恐れはしない

門が いかに狭かろうと
いかなる罰に苦しめられようと
私が我が運命の支配者
我が魂の指揮官
(『インビクタス/負けざる者たち』ツイッター・オフィシャルアカウントより引用])



・・・・・・

全て南アフリカで撮影された『インビクタス』。製作ノートでクリント・イーストウッド監督は、「実際の場所でしか得られないものがあるからね。人々、ロケーション……。私たちはそういう真実味が欲しかった」と述べています。

マンデラが27年過ごした独房のあるロベン島の刑務所には、スタッフとキャストで訪問したそうです。
「ロベン島へ行ったとき、誰もがあの独房の狭さに驚いた。あそこで27年という、おそらくは人生でもっともいい時期を過ごしながらも、出てきたときにあれだけ苦々しさのない心境のままでいられたというのはすごいことだと思う」(イースウッド監督)

マンデラの国の将来を見据えた冷静な視線と、確かな実行力。それを支えた「インビクタス(不屈)」の精神。

「いい意味で世界を揺るがせた出来事であるにもかかわらず、知っている人があまりにも少ない重要なストーリー」(モーガン・フリーマン)でもあり、よくぞ映画化してくれた!という感謝の気持ちを、映画に関わられた全てのスタッフにおくりたくなりました。



・・・・・・・・・・・・・・・
『インビクタス/負けざる者たち』
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語
2月5日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
公式サイト
配給:ワーナー・ブラザース映画

人気ブログランキングへ
posted by みの at 00:00 | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

「インビクタス/負けざる者たち」不屈の精神は穏やかで強靭なものだった
Excerpt: 「インビクタス/負けざる者たち」★★★★☆ モーガン・フリーマン、マット・デイモン主演 クリント・イーストウッド 監督、134分、 2010年2月5日公開、2009,アメリカ,ワーナー (原題:INV..
Weblog: soramove
Tracked: 2010-02-16 00:10
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin