2009年12月01日

世界の環境のいまを写真で

COP15開幕せまる、写真で見る世界の環境のいま
という記事の紹介です。


国連気候変動枠組条約(UN Framework Convention on Climate Change、UNFCCC)第15回締約国会議(COP15)が、デンマーク・コペンハーゲン(Copenhagen)で12月7日から始まるのを前に、世界の環境のいまを物語る写真を集めた。

写真は、使い古したペットボトルに川の水をくんで学校に戻るケニヤの少年(2009年8月17日撮影)。(c)AFP/Tony Karumba



写真は、魚眼レンズで撮影した中国・河南(Henan)省鄭州(Zhengzhou)の干上がった湖(2009年2月12日撮影)。(c)AFP



写真は、ブラジル側から見たイグアスの滝(Iguazu Falls)(2009年5月7日撮影)。(c)AFP/Christian RIZZI


39枚の写真のうち少なくとも3枚は、水に関するものでした。

今、来年1月から公開される映画『ブルー・ゴールド』について記事を書いているのですが、この映画は、石油をめぐる戦争から、水戦争の時代へ移行しつつあることを描いています。
ブルーは水のこと。
ゴールドは金になる(利益を生む)ということ。
二つをつなげて「ブルー・ゴールド」。

英語での予告動画。


水問題は人間の生死にかかわります。
水をコントロールするものが、権力を持つ時代に!!??
もし、企業が水を管理(商業化)したら、貧しい人は水が買えない・・・
水道の蛇口をひねれば水がでてくる日本では、ちょっと考えられないかもしれませんが、それは私たちは、そうした現実を知らないだけ。

『ブルー・ゴールド』を見て、こんな将来は嫌だと思いました。
誰もが生きるために必要な水にアクセスできるように!
そのために、まずは現実を知ろう!ということで、

ツイッターで、#bluegold というハッシュタグをつくりました。

水問題に関連する情報サイトなどを紹介していきますので、ぜひ活用してください!

応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
posted by みの at 23:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134462775
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin