2009年09月27日

谷中の魅力たっぷり『谷中暮色』

谷中が好きな人は、もっと好きに。
谷中を知らない人は、谷中に来てみたくなるでしょう―。

        谷中在住のライター
        ※正確には、谷根千在住ですワタシ(苦笑)


そんな映画でした。『谷中暮色』(やなかぼしょく)

予告の動画は
http://www.deepinthevalley.net/jp/trailer.php
こちらで。

yanakaboshoku.jpgJR日暮里駅のすぐそばにある谷中霊園には、昭和32年に放火により焼失した五重塔の跡地が今も残っています。

谷中霊園はお花見、フリーマーケットが目的で行くこともあり、墓地なのだけど、墓地じゃないというか、生活空間に溶け込んでいる場所なのです。

五重塔の跡地には、焼失していく五重塔を撮影した写真が貼ってあります。

数年前から、地元の人の呼びかけで、五重塔を再建しようという運動が始まりました。

実際、署名運動も行われていて、私も署名しました。
署名をしたのは、映画にも登場する、昼間の祭りのシーンです。

フラダンスをステージで踊る人々や、背中に「したまち」とロゴの入った半被を着ている人がたくさん登場しますが、この祭り会場に私はいまして、必死に、フラダンスの女性たちの写真を撮影していたんです。

その会場の隅に、五重塔再建を呼びかける署名ブースが。

そして、映画にも映っていた、アドバルーンがありました!

まさかあの場所で、映画の撮影が行われていたなんて!
自分が映っていないかと焦りましたが、映ってませんでした。(苦笑)

谷中霊園の五重塔が焼失してしまったこと。
五重塔を再建しようと住民が立ち上がったことは―は事実です。

映画はこれらの事実を事実として描きながら、
かおりと久喜という架空の人物を登場させ、フィクションを事実に重ねて描かれています。

かおりは、ホームムービーを保存・修復するNPOのスタッフという設定で、実在する谷中のお寺の住職、谷中在住の職人などを取材しながら、五重塔焼失を撮影したフィルムを探していくのです。

撮影現場が生活圏である私にとっては、
谷中の五重塔の再建には関心があるし、
ありし日の五重塔を語る地元の方々の話は、
そのまま、近所で聞く話のようだし、

実は、下町といえども、あまり近所付き合いのない私にとっては、
映画を媒介にして、地元の人と心を通わすことができたような
そんな、みえないツナガリを感じた作品だったのです。

ざっと思いだせるだけ、でてきたロケ現場書いてみした〜!

キッチンマロの前の道(よみせ通り)
・ゲームセンター(団子坂交差点の角にあるやつ)
初音小道(だったような。日暮里駅と谷中銀座の途中にある、知る人ぞ知る商店街)
あるいは
・すずらん通り?

・谷中霊園の五重塔跡地

・谷中霊園の五重塔跡地のそばの公園(遊具あり)
 あるいは
・谷中の住宅地にある公園のほうかな…(谷中コミュニティセンター近く)

・初音の森(谷中コミュニティセンター前の広場)

かおりたちが飲んでいたお店はどこなんだろう?
お酒がなくても生きていける私は、谷中千の飲み屋は全然知らないのです。

『谷中慕色』公式ページ
に、いくつか写真があります!

過去に書いた谷中関連のエントリーです。

2009年06月21日 週末の谷中銀座
2009年05月02日 谷中しょうがせんべい
2009年04月30日 谷根千をぶらり
2009年03月29日谷中をポタリング

応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ



Twitterでつぶやく





posted by みの at 00:04 | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

『谷中暮色』
Excerpt: 谷中五重塔の炎上現場を撮影したフィルムが発見さる!
Weblog: シネクリシェ2.0
Tracked: 2010-04-14 07:31
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin