2009年09月02日

国民審査の扱いの小ささ

8月30日の衆議院議員選挙では

小選挙区
比例


そして

最高裁裁判官の国民審査

の3種類の投票がありました。

ご存じのとおり、投票が終わる午後8時から、開票速報がどんどん入ってきて、翌日の朝刊は、開票結果で

大フィーバー♪

朝刊の配達がいつもより遅れるほど(事前に遅れると通知あり)の力の入れよう。

その一方で、

最高裁裁判官の国民審査の投票結果の扱いはとても小さく

え、読めません?
じゃ、もう一度(苦笑)

“最高裁裁判官の国民審査の投票結果の扱いはとても小さく”

結果を初めて知ったのは、47ニュースの記事でした。

裁判官9人全員を信任 最高裁国民審査
 中央選挙管理会(坂田桂三委員長)は31日、衆院選と同時に行われた最高裁判所裁判官の国民審査の投票結果を発表した。今回対象になった裁判官は9人。有権者が罷免を求め「×」印を付けた票が、罷免を求めなかった票をいずれも上回らず、全員が信任された。

 9人は桜井龍子、竹内行夫、涌井紀夫、田原睦夫、金築誠志、那須弘平、竹崎博允、近藤崇晴、宮川光治の各裁判官(告示順)。罷免を求めた率は6〜7%台だった。

 投票した有権者は6945万4375人。投票率は66・82%で、前回より1・33ポイント上がった。

 最高裁裁判官の国民審査は今回が21回目。1949年の第1回以来、罷免された裁判官はいない。罷免を求められた率は最高で15・2%。 2009/08/31 12:45



裁判官を罷免するには、投票数の半数以上の「×」が必要。
何もかかない無記入は、信任したことにカウントされます。

つまり、国民審査の紙を渡されて、
「これ何書けばいいんだろう」とか、
「ここに書いてある9人の名前って何?何やっている人?」
「一度もニュースで紹介されていない人たちじゃん」

とか思ったとして、

何書いていいか分からないから、
いいや、白紙で投票しちゃおう〜!


と思ったりすると、

自動的に9人の裁判官を信任したことになります♪(涙)

不信任の裁判官に×をつける判断材料は非常に乏しく、
なぜか、あれだけ選挙だと騒いでいたマスコミも、国民審査に関しては

シーン

と静まりかえってしまっている様子。

この47ニュースも、掲載されたのは

2009/08/31 12:45

衆議院選挙のあの速報ぶりとは、うってかわって、
翌日のお昼♪
です。

しかも、裁判官ごとに、どれだけの人がバツ印をつけたか知りたいのに、細かい数字は一切記事にないという扱い。

ネットでは投票日前から、
国民審査のための最高裁判事紹介
忘れられた一票 2009   ★  最高裁判所 裁判官 国民審査 判断資料
といった、サイトが立ち上がっていて、

あまり報道されていない9人の最高裁裁判官が、
どんな判決を下していたのか、丁寧に説明していました。

そんなわけで、私もこうしたサイトを参考にしながら、
最高裁裁判官の国民審査に投票をしたのです。

そして、ついに9月2日の東京新聞朝刊に、以下の記事を発見!

最高裁裁判官の国民審査結果.JPG

やっとデタまん!(笑)

でも、記事が小さすぎるよ〜(涙)

隣のミシュランガイドが大阪&京都版を発売するという記事の、半分しかありません!!(苦笑)

でもって、それぞれの裁判官を罷免した×印の数を見てください。

517万票を筆頭に、最低でも401万票です。
これだけ集めても、罷免されないって、
そもそも、このシステムは、罷免が可能なシステムなんでしょうか?

統計学の専門家の皆様、
選挙前の情報の少なさからいって、
投票数の半数以上の×がないと罷免できないって、
現実的にあり得るのでしょうか?

あり得るとしたら、どのような条件下でなら、あり得るのでしょうか?
少なくとも、有権者の半数が、国民審査の意味を理解し、
裁判官の実績について、一般の人がわかりやすいような情報が入手しやすいインフラが整備されなければ、無理ですよね?

あり得ないことを、さも、あり得るように見せているだけじゃないのでしょうか。なんて、思ってしまいます…

とりあえず、比較として、東京の小選挙区で、最も票を集めた小宮山洋子さん(東京6区)の獲得票数が17万4367票だということを書いておいてと、
一人の裁判官が、国民500万人から、×印をくらうという事実の重さを考えてほしいです。(まあ、全国を対象にしているのと、東京6区じゃ比べる範囲が違いすぎるんですけど、決して無視できない数字だと思うんで。)

応援クリックお願いします。↓
人気ブログランキングへ

告知

9月30日から、横浜赤れんが倉庫で開催されるDAYS JAPAN 横浜フォトジャーナリズムフェスティバルを応援しています!


DaysJapanYokohama

写真展のほかに、以下のイベントも開催!

9月30日(水)19:00〜
シンポジウム「何を知り、何を伝えるべきか(仮)」

講演
斎藤美奈子(文芸評論家。1956 年生まれ。2002 年、『文章読本さん江』(筑摩書房)で第1 回小林秀雄賞受賞。新聞、雑誌の書評やコラムなど、幅広い場で活躍している。『それってどうなの主義』(白水社)など。DAYS JAPAN に連載中。)
池田香代子(翻訳家。1948 年生まれ。著書に『世界がもし100 人の村だったら』(マガジンハウス)、訳書に『夜と霧』(みすず書房)『ソフィーの世界』(日本放送出版協会)など。世界平和アピール7人委員会委員。)
司会
広河隆一(DAYS JAPAN編集長)

雨宮処凛さんとS.A.L.のトークショー
雨宮処凛(1975 年生まれ。作家、プレカリアート活動家。著書は『生きさせろ! 難民化する若者たち』『バンギャル ア ゴーゴー』など多数。反貧困ネットワーク副代表。フリーター全般労働組合賛助会員。)
S.A.L.(慶應義塾大学に本部を置く国際問題啓発サークル)


10月5日(月)19:00〜
「歌・世界・そして未来」(歌と写真のコラボレーション)

出演者
ナターシャ・グジー(ウクライナ出身。歌手・バンドゥーラ奏者。1986 年にチェルノブイリ原発事故で被曝し、キエフ市に移住。その美しく透明な歌声と哀愁を帯びたバンドゥーラの響きは、日本でも多くの人を魅了している。)

酒井美直(1983 年、北海道帯広市生まれ。アイヌの歌・舞踊のパフォーマーとしてステージに立ちながら、講演活動も行っている。首都圏に住むアイヌのパフォーマンス・グループ「AINU REBELS」代表。)

 

【イベントチケット申込み】
イベントは予約制です。メールまたはFAXに氏名、電話番号を記入して申し込みください。
E-mail:kikaku@daysjapan.net
FAX:03-3322-0353

実は、2つのイベントの空席が多く、かなりのピンチ状態です。(涙)

ブログに「DAYS JAPAN 横浜フォトジャーナリズムフェスティバル」の応援バナーを貼って、応援してください! 私が書いた、上の宣伝の文章をコピペしてかまいません!




posted by みの at 20:26 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127070085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。