2009年06月22日

映画「セックス・トラフィック」

21日のTV番組「バンキシャ」で、日本の人身売買について取り上げていましたね。
アメリカが16日に発表した、世界約170か国での人身売買の状況をまとめた2009年の年次報告書によると、 日本での人身売買の犠牲者の多くが外国人女性であり、仕事を求めて入国すると同時に、渡航費用などで最高5万ドル(約500万円)の借金を背負わされ、性産業に従事させられるケースを指摘しています。
番組では、この報告内容を紹介しつつ、実際に被害にあった方、あっせんした人への取材を試みていました。

そして、ちょうどタイムリーなお知らせがあります。

NGO Network JAPANのサイトからの転載です。

sex traffic.JPG日本が人身売買の受け入れ大国だと知っていますか?

ポラリスプロジェクトのキャンペーンチームでは、毎月イベントやセミナーを行い、様々な角度から人身売買問題を学んでいます。

今回は、英国アカデミー賞8部門を受賞した「セックス・トラフィック」を上映し、皆様と一緒に私たちひとりひとりの大切な人、大切な子どもたちを守るために何ができるかを一緒に考える機会にします。ぜひ皆様お誘い合わせの上お越し下さい。

日時:6月27日(土)14:00-17:00 *16:30からトークセッションとQ&A
場所:JICA地球ひろばホール(広尾駅徒歩1分)
地図:http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html

映画:「セックス・トラフィック」
☆ 人身売買ビジネスの実態と欲望の人身売買ネットワークを暴く衝撃の社会派サスペンス
☆ 東欧、イタリア、ロンドン、北米世界を巡る人身売買ネットワークとは!
☆ 「ハリーポッター」シリーズ最新作監督デビッド・イェーツの渾身の出世作!

参加費:無料
申し込み:不要です。直接会場へお越し下さい。
主催・連絡先:ポラリスプロジェクト 日本事務所 キャンペーンチーム
       E-mail:volunteer@polarisproject.jp(@は半角に)
提供:アスミック・エースエンタテインメント/WOWOW
協賛:JICA地球ひろば
後援:人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)

Polaris Open Screen “Sex Traffic”
Date: June 27th (Saturday) 14:00-17:00
*Talk and Q&A session in Japanese from 16:30
Venue: Jica Chikyuu Hiroba Hall (JICA Global Plaza Hall) *1 minute walk from Hiroo station
Map:click here
Movie: “Sex Traffic” (English movie with Japanese subtitles)
Entrance fee: Free
Registration: We will take registration on the day of the event.
Contact: Polaris Project Japan, Campaign Team

残念ながら私は見にいけません。
行かれた方、ぜひ、ブログに感想を書いてくださいね〜!

応援クリックお願いします
↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ
posted by みの at 00:00 | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin