2009年05月01日

SICKOはすごかった!

今さらですが、映画「SICKO」(シッコ)をみました。すごい映画でした。
米国の医療問題を他国と比較しながら、浮き彫りにしていくのですが、ここまで米国の医療が破綻しているとは、知りませんでした。

米国では手術や入院が必要なとき、自分は加入している保険会社の許可がないと、医療がうけられないようです。

子どもの体調が悪くなり、最も近い病院に連れていったら、保険会社から、「うちが指定する病院に連れていってくれ」との指示が。指定された病院は遠かった。でも、その病院でなければ、保険が適用されない… 指定された病院に到着し、診察が始まってすぐに告げられたのは、我が子の死だった…

作業で左手の薬指と、中指の先っぽを切断してしまった。病院にいくと、薬指の接合には1万2000ドル。中指の場合は、6000ドルかかると言われた。両方の指を接合するお金はない。
患者は、薬指だけの接合を選択した。

911の後、NYの世界貿易センターで、生存者の救助に携わったボランティアのなかには、それが原因で体調を崩した人が多い。NYは、こうした人たちを、ヒーローと崇めると同時に、彼らのための医療基金をつくった。しかし、実際は、本当にお金がなくて、困っている人たちにい、この基金が使われることは少ないのだという。
米国の医療制度、911後の扱いに失望した彼らが訪れたキューバで、彼らは無料で治療を受けることができた。

なんて、全てのエピソードを書いていたら、エンドレスになってしまうので、このへんで終わりにしつつ、まとめにはいると(笑)

映画が取り上げていた英国、フランス、カナダの医療制度はすばらしく、米国のように、必要な治療を受けるかどうかを、支払い能力と相談して決める必要がない。
これだけ情報が発達した今、なぜ、米国人たちは、他国で普通に行われている医療制度について、こんなにも無知なのだろうか。

一時、ヒラリーが国民の全てに医療保険を!と訴えたことがあったけど、「社会主義」というレッテルを貼られ、相当叩かれた。
考えてみれば、公立の学校、図書館、郵便制度など、国が組織しているサービスは他にもある。なのに、大金を投資したキャンペーンによって、ヒラリーの提案は陽の目を見ることはなかった。

日本では、医療は3割負担。
出産には保険が適応されない。
出産後の子育てに、国がヘルパーを派遣してくれる制度もない。
貧乏人が子どもを育てるのは至難の業なのだ。

SICKOは、米国の医療制度ってひどいよな〜と思うだけの映画ではなかった。日本に住んでいてよかった〜という気持ちにもならない映画だった。私たちの払う税金を、もっとうまく使えないものかと思った。

すぐに理想の社会はやってこない。となると、社会の枠組みを変える行動をしつつ、自分自身の体調管理を徹底することが、当面するべきことなのだろう。



突撃取材で知られるマイケル・ムーア監督が、米国の医療問題にザックリとメスを入れた衝撃のドキュメンタリー。
 国民健康保険が存在しない米国では、民間の保険に加入することがベストだと思われているが、実際は保険会社は利益重視で、いざ保険金となると、過去の病歴をあげ、手術を実験的だと判断し…と、できるだけ保険金がおりないように画策する。そして何人もの人間が命を落としていく。入院費用が支払えないからと病院を道に捨てることもある!と、驚くような米国の医療問題を悪質な医療制度の被害者の取材から、ムーアは切り込んでいく。
 政治家と保険会社の癒着、ニクソン時代に遡った医療制度の問題点などを赤裸々に映像で語り倒し、そしてフランスやイギリス、キューバなどの充実した医療制度を比較する。ムーアの視点はあまりにも一方的な危なさはあるが、見て見ぬふりをしてきた問題を掲げる勇気は立派だ。ただ医療制度を変えることができないのはなぜか、政治家と保険会社の癒着だけが問題なのか、疑問点は残る。マシンガントークのような映像とナレーション、そのわかりやすい演出に圧倒され、まるごと信じてしまいそうになるが、見ている方にも冷静さは必要かもしれない。とはいえ、わが国と比べたり、調べたり、もっと知りたいという意欲にがる、いろいろ考えさせられる映画であることは確かだ。(斎藤香)
引用元:amazon.co.jp


今日もお読みいただき、ありがとうございます!
クリックで応援&ランキングが確認できます!
人気ブログランキングへ
posted by みの at 11:21 | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118381009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。