2009年01月02日

真の文明は山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし

新年あけましておめでとうございます。
2009年がスタートし、スケジュール帳やカレンダーも新しいものに一新されたことでしょう。

ところで、以下の発言、誰の発言だかご存じでしょうか?



「世界人類の多くは、今や機械文明というものに噛み殺される。真の文明は山を荒らさず、川を荒らさず、村を破らず、人を殺さざるべし」


「民を殺すは、日本を滅ぼすことなり」


「国が在って民があるのではなく、民が在って国がある」





この次の発言で、分かっちゃいますね。


「皇居からわずか80キロ離れた関東の沃野を足尾の鉱毒で荒廃せしめ人民に塗炭の苦しみをさせながら、満州を占領したとて何になる」




私の尊敬する人、田中正造さんの言葉です。

そんな私の2009年のカレンダーは、田中正造大学のカレンダーです!
tanakashouzou.jpg


カレンダー中央に書かれている「真の文明ハ山を荒らさず川を荒らさず村を荒らさず人を殺さざるべし」は、田中正造の1912年(明治45年)6月17日の日記に書かれていた言葉です。

足尾銅山の古河鉱業の精錬所から吐き出される亜硫酸ガスは、近隣の山々をはげ山にし、足尾ダムに流れ込む3つの沢の一つ、松木沢の途中にあった600年ちかい歴史をもつ松木村を廃村に追い込みました。たった数十年の煙害による公害で。

足尾から下流へ流れる渡良瀬川流域では、上流から流れる鉱毒で魚が死に、稲は育たなくなりました。生活が苦しくなった農民は、国会議員だった田中正造を頼りに、請願行動などをしますが、明治政府は、鉱毒問題を治水問題とし、渡良瀬川流域の谷中村を治水池にすることで幕引きとしました。

先祖代々住んでいた土地を離れることを強制された多くの村人がいました。
自然だけでなく、人と人とのつながり、先祖とのつながり、土地に対する愛着なども壊されたのでした。

こうした正造の「これが本当の文明か」という怒りが、この言葉には込められているといいます。

再び
真の文明ハ山を荒らさず  川を荒らさず  村を荒らさず  人を殺さざるべし



時代は変われども、正造の言葉は現代社会にも訴える力を持っています。

田中正造大学の坂原さんはこう言います。

「(正造の)百年前の言葉が、今でも私たちに新鮮さを与えてくれるのはなぜでしょうか。それは現代社会が本質的には百年前と変わっていないからです。今私たちが21世紀を『環境の世紀』として生きていきためには、この正造の言葉を噛み締めていくことが大切なのではないでしょうか」


カレンダーの注文は、田中正造大学までどうぞ。
WEBサイトには、2003年と2004年のカレンダーについてしか情報がありませんが、2009年版も発売しています。

2009年もどうぞよろしくお願いします。


宇井先生の足跡を追う旅 足尾・旧谷中村訪問記
足尾へ行きませんか?も書いています。

ブログ応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ
posted by みの at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113514353

この記事へのトラックバック
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。