2008年08月06日

キューバの小学生と「広島」と「禎子」

8月6日の原爆の日になると、私はキューバを思い出す。どうして、原爆とキューバなのかというと、2004年にキューバを訪問したときの私の体験にさかのぼることになる。S11300034

キューバの環境教育について調べるため、サンタクララにある、ラスビラス中央大学を訪問し、第三回21世紀インターナショナル環境科学会議に参加した。キューバだけでなく、南米を中心にスペイン、米国からの参加者が、研究発表を行っていて、私は主に、キューバの研究者の発表を中心に聞き、教育システムについて情報を集めていた。

キューバらしく、ランチタイムには生演奏が聞けてしまうという、素晴らしさ!よく、キューバの街を歩いていると、そこらじゅうから、演奏が聞こえてくると言われているが、本当にそうだった。11250009edit


そんなか、同大学で美術史を教えているホセ・エンジェル・アギレラさんが、地元の小学生を数人連れてきていた。アギレラさんは、ボランティアで子どもたちに環境教育を教えていて、小学生らは彼の教え子だった。

アギレラさんが私を小学生に紹介したときのこと。

「みんな、この人はね、日本から来たんだよ」と子どもたちに紹介すると、
子どもの一人が

「サダコ」
とアギレラさんと私の顔を見ながら言うのだ。

私は驚いた。

「サダコって、広島の原爆に被爆して、白血病で12才で亡くなった禎子のこと・・・ですよね?」
とアギレラさんに聞くと、
そうだという。

アギレラさんが子どもたちにスペイン語で何かを説明すると、今度は、「ヒロシマ」という言葉が、子どもたちから飛び出した。

11270011edit
まさか、キューバで、「ヒロシマ」や「サダコ」という言葉を耳にするとは思ってもいなかった。

アギレラさんによると、環境教育では、粘土や折り紙を使って、動物について教えることがあり、折り紙で動物を折りながら、「この動物はね〜」と動物の特徴を教えていくのだという。
そして、折り紙といえば、日本の文化。日本の歴史についても話すそうだ。そのなかには、広島、長崎の話も含まれ、禎子の話もこうした機会に、子どもたちに話したということだった。

彼女たちにとって私は、初めて目にする日本人だったらしい。
だからなのか、アギレラさんから日本から来たと紹介されて、思わず「サダコ」と口に出てしまったのだろうか?
そこまで、サダコやヒロシマの話が、子どもたちの心に根付いているということなのだろうか。


08040056edit


ヒロシマの原爆ドーム


11270004edit







その日は、小学生が環境会議で発表することにもなっていて、TV局の取材も来ていた。ステージでの発表以外に、折り紙のデモンストレーションも行われた。ただ、使われた紙は、私たちが使うような折り紙ではなく、B4サイズくらいの紙を、正方形に切って使っていたような記憶がある。
とにかく、子どもたちは、そこで船やら箱を折った。そして、最後にアギレラさんが、「自分が作ったものを、ここに集まっている人の誰でもいいから、プレゼントしましょう」と言った。
すると、全員が私のところに、彼らが折った船やら、小物入れ風の箱を渡しにきたのだ。

確か、キューバは資源不足で、紙は貴重な資源であるはず。
私がいただいてしまって、いいのでしょうか・・・
という気持ちでいっぱいだった。

その前の会話で、サダコやヒロシマのことに触れたからだったかもしれないし、会議に参加している唯一のアジア人だったということもあって、興味があったのかもしれないが、素直に喜んだ。

あれから4年。今だに、いただいた作品は大事にとってある。
また、広島の原爆の残り火を、キューバに届けたというニュースも最近読んだ。
また一つ、キューバとヒロシマを結びつけるものが増えた。

チェ・ゲバラの原爆惨禍へのこだわりと広島への思い
テレメンタリー2007『炎の記憶〜原爆の残り火をキューバへ〜』



炎の記憶 〜原爆の残り火をキューバへ〜(全部で7回に分けてアップされています)





普段見れないようなキューバ映画の3本立てや、キューバ大使館参事官のお話し、
ダンス、音楽ライブ、交流会と楽しいイベントが盛りだくさんです!
ご家族、お友だちをお誘いの上、遊びに来て下さい。

--------------以下、転送大歓迎!!----------------------------

8月10日(日)10時〜18時
「キューバ 医療 教育 農業 展」
関連イベント第2弾!! 【スペシャル公演】

内容:
◇【10時〜14時 キューバ映画3本立て上映+講演会】
  場所:JICA横浜 2階 海外移住資料館内 ガイダンスホール
http://www.jica.go.jp/yokohama/


 (1)映画上映
 ・Hacerse el sueco(スウェーデン人になって)
  ロシアのマフィアに追われてハバナに逃げてきたスウェーデン人男性は
  最初は同じ外国人から盗みを働き生計を立てますが、盗みの行為は
  やがて地元の人々にも及んでいきます。そして・・・

 ・Miel para Oshun
  エキセントリックなタクシードライバーが彼を捨てたであろう母をキューバに
  探しに行き、臨死体験をしたり、彼の変わった性格がクローズアップされた
  ユーモラスなお話しです。

 ・La edad de la peseta
  edad de la pestaとは、キューバで7〜11歳までの青春期前を指す言葉です。
  子どもの成長のお話しだそうです。
  この作品は、Toronto international Film Festivalで上映されました。

 (2)キューバ大使館のアンドレス・ゴンザレス・バジェステル参事官の講演


◇【14時〜17時30分 交流会】
  場所:JICA横浜 3階 食堂テラス

 (1)14時〜14時30分
  Afrochicas、輪神 ―WAJIN―によるダンス
  横浜を中心に活動している2グループです。

 (2)15時〜15時45分
  港町ボレロのライブ

 (3)15時45分以降
  パーティー
  バイキング軽食、キューバのカクテル“モヒート”を500円で販売
  ※パーティー参加費はカンパ制(1,000円から)となっています。
--------------転送ここまで-----------------------------
posted by みの at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin