2015年12月26日

水俣病食中毒義務付け津田訴訟 第一回口頭弁論 #minamata

水俣病食中毒義務付け津田訴訟 第一回口頭弁論が
2015年12月16日(水)、東京地裁522号法廷で行われました。
傍聴に行ってきました。
以下、簡単な報告です。

20151216津田訴訟.JPG



水俣病食中毒調査義務付け津田訴訟  
原告:津田敏秀 岡山大学大学院 生命環境学・環境疫学
被告:国、熊本県、鹿児島県
裁判で求めていること:
  食品衛生法に基づき、1956年から現在までの水俣病食中毒調査を行うこと。
(注:政府が水俣病の存在を「公式」に確認した年が1956年)



























「津田訴訟」次回の法廷は、
2016年3月9日 13:30 です。



同じ日、東京高裁では、別の水俣病の裁判が行われていました。
新潟水俣病三次訴訟の控訴審です。
こちらも傍聴してきました。




新潟水俣病三次訴訟 控訴審、次回の法廷は
2016年2月22日 14:00 となりました。

20151014新潟水俣病東京高裁monos.jpg
(裁判所に向かう新潟水俣病三次訴訟弁護団と支援者たち 2015年10月14日撮影)



posted by みの at 09:47 | TrackBack(0) | 水俣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin