2015年02月28日

2015年02月27日のつぶやき






































posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

2015年02月26日のつぶやき






























posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

2015年02月25日のつぶやき












posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

2015年02月24日のつぶやき


























posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

2015年02月23日のつぶやき
























posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

2015年02月22日のつぶやき




















posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

2015年02月21日のつぶやき










posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

2015年02月20日のつぶやき


































posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月20日

2015年02月19日のつぶやき
























posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月19日

2015年02月18日のつぶやき






























posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

2015年02月17日のつぶやき












posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

2015年02月16日のつぶやき

























































20120808.jpg


posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月16日

2015年02月15日のつぶやき






















posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月15日

2015年02月14日のつぶやき


























posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

2015年02月13日のつぶやき












posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

2015年02月12日のつぶやき


















posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

2015年02月11日のつぶやき
















posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

2015年02月10日のつぶやき








posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

2015年02月09日のつぶやき




















posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

水俣と福島を訪ねて 『明日への誌』 荒馬座準座員公演

水俣に関する、イベント告知をしようと思った矢先、
「満員のため申し込みを締め切らせていただきました」
という知らせを、荒馬座公式サイトで知りました。

WEBDICEのサイトに投稿させていただいた内容を、以下、転載しておきます。

荒馬座準座員公演20150211.jpg


日程 2015年02月11日
時間 16:00
会場 蕨(わらび)市民会館

水俣病事件が起こる前の 水俣の原風景と、
水俣病を「のさり」として受け止めた受難者、故杉本栄子さんの思想。

これが『2001水俣ハイヤ節』に込められた思いです。

水俣病の語り部として活動されていた杉本栄子さんは、
歌や踊りといった芸能を通じて、水俣のことを伝えていきたいと考えていたそうです。

その願いは、荒馬座との出会いによってカタチになりました。

2001年に完成した水俣の海や山、暮らしを表現したハイヤ節は、
今ではすっかり地元に根付き、水俣の小学校の運動会で踊られているといいます。
そこには、患者家族の子どもの姿もあれば、両親がチッソで働いている子どもの姿もあるそうです。

西山正啓監督の映画『のさり〜杉本栄子の遺言』のなかで、栄子さんが小学生に教えているのは、『2001水俣ハイヤ節』です。

2008年に栄子さんが亡くなってからは、語りをお聞きすることは出来なくなりましたが、栄子さんの思いのつまったハイヤ節が、今も水俣で踊られているという事実に、一筋の希望の光が見えるような気がしてなりません。

そして、この公演でハイヤ節を踊るのは、荒馬座の準座員です。

準座員は、保育士や学校の教師などの仕事をしながら、週一度、荒馬座の稽古を続けている方々。
踊りや歌で暮らしているのではなく、別に仕事を持ちながら、準座員としての稽古を続けることを選択してきた方々です。

芸能とは関係のない仕事をしつつ、水俣に思いを寄せられていることに、私は強く惹きつけられました。なぜならば、水俣病事件というのは、私たちの問題であるからです。

水俣病のことは水俣の人に任せておけばいい。
水俣病のことは、水俣病の専門家(そうした人がいるかは疑問だが)がやればいい。
と考えている限り、水俣病事件は終わらないし、同じような事件が、これからもどこかで起きるでしょう。

なんて、難しい話になると、興味が失せてしまいますね。

難しいことは、一度脇に置いておいて、
『2001水俣ハイヤ節』を五感で感じてください。

情報でふさがれた体中の毛穴を解放させて、
『2001水俣ハイヤ節』を体感してください。

・・・(準座員からのメッセージ・チラシから引用)・・・

2014年8月には、準座員の有志で水俣へ取材旅行に行きました。

水俣病の患者さんと『2001水俣ハイヤ節』を一緒に踊り交流する中で、
水俣病は今も終わっていないこと、でもそれを「のさり」(授かり物)ととらえ、常に前進して行こうとする姿にも出会いました。

その後は……福島県浪江町の芸能保存会の子どもたちと交流をしました。
子どもたちは、いつふるさとに帰ることができるのかわからない状況の中でも、芸能を大切に守っていて、私たちに「ふるさとの踊り」を教えてくれました。

この二つの取材から、今の時代に「何のために芸能を守り育てていくのか」を改めて考えさせられました。

今回も私たちの言葉で詩(うた)います。
「よりよい明日になりますように」。


荒馬座サイト

posted by みの at 14:00 | TrackBack(0) | 水俣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin