2014年05月16日

2014年05月15日のつぶやき





























市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像  佐々木実

本のタイトルだけ読むと誰のことを書いている本かわかりませんが、竹中平蔵氏のことを書いています。
そしてこの本は、第45回大宅壮一ノンフィクション賞書籍部門を受賞しています。
ちょうどこの本を読み終えた日、安倍首相が集団的自衛権容認に踏み出す趣旨の会見を行い、日本の未来に対して、暗澹たる気持ちになりました。

原発ユートピア日本  早川タダノリ

楽天で売り切れの店舗多いですね。
原爆投下後の日本で、「原子力平和利用展覧会」が広島を含む各地で行われたことなどを書籍で読んできましたが、そうした原子力を称賛する出来事を写真付きで紹介しています。
芸能人が原発を推進する広告に登場している写真もあります。

ちなみに、電気事業連合会の雑誌『Enelog』は、ネットでも読めまして、
コメントを寄せている有名人がいることもがわかります。
http://www.fepc.or.jp/enelog/ 
posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin