2014年04月20日

2014年04月19日のつぶやき


































映画『トゥルー・クライム』(イーストウッド監督)の原作になったのがこれ。
新品はないようで、中古のみのようですが、レビューはこぞって高いです。
映画は、カリフォルニア州のサン・クエンティン刑務所(San Quentin Prison)で、これから死刑にされる死刑囚の無罪を暴くために、イーストウッド扮する新聞記者が奮闘する話です。
私がサンフランシスコに住んでいたころ、ラジオでデモクラシーナウという番組を聞いていたのですが、今晩死刑が執行されるという日になると、刑務所前からの中継やら、いろいろな人の意見が紹介される特集番組が流れていました。ですから、映画に登場するサン・クエンティン刑務所の名前は、何度も聞いたことがありました。でも、私の耳にはどうしても「サン・ワキン刑務所」って聞こえるんですね。英語が母国語じゃないからでしょうか。それはさておき、サン・クエンティン刑務所での死刑がどのように行われるのか、見る人に知ってもらうことは、この映画のもう一つの目的だったんじゃないでしょうか。



カリフォルニアの死刑について検索していたら、映画にでてきたような死刑台の写真が見つかりました。



念のため、記事のURLはこちらです。 http://www.afpbb.com/articles/-/2654051#blogbtn
posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin