2013年12月07日

2013年12月06日のつぶやき

























日本歴史旅行地図帳

この地図帳は楽しい!
表紙に「歴史を知れば旅はもっと面白い!」と書いてあります。
まさにその通り。
地図帳を見ていると旅をしたくなります。
小学校のときにつかった地図帳が好きだった人は、この地図帳も気に入ると思います。

地図帳といえば、これも必見。
『コンサイス東京都35区 区分地図帖』
東京空襲を記録する会が復刻させた地図帳で、戦災焼失区域が表示されています。
新宿周辺を見ると、真っ赤(焼失地域)です。
この地図帳、ほとんど入手困難なようで、アマゾンでは古本が4000円台で売られていました。
この地図帳をご紹介されている詳しいサイトがありましたので、リンクをはっておきます。

http://www.funkygoods.com/schwarzschild/2011_11/2011_11_04.html

また、同じような地図帳で、神戸を取り上げたものがあるようです。

神戸市戦災焼失区域図


もう一つ地図関連で紹介します。

あの日の新宿 写真と地図でたどる 昭和25年から30年代の思い出と出会う


この地図帳には付録として、地図帳とは別に、昭和25〜35年代の新宿の地図がついています。
この地図のサイズが大きい!
子ども部屋にはるような世界地図のポスターがありますよね。それくらいの大きさです。(あいまいな表現ですね…苦笑)
現在の新宿の姿と重ね合わせ、これまでに見聞きした新宿の昔話をそこにさらに重ねると、その場に特別な思いを感じざるを得ません。
posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin