2013年03月18日

2013年03月17日のつぶやき






























メディアとジャーナリズム これから学ぶ人のために 山本泰夫

メディアとジャーナリズムの現在を、過去の事件報道のあり方を紹介しながら解説しています。
テレビ視聴率の出し方。視聴率不正操作事件。「発掘!あるある大辞典」模造事件…
米国のテレビ界について。パラマウント裁定。プライムタイム・アクセスルールにより、三大ネットワークは、月〜土のプライムタイム(午後7時〜11時)のうち、最低一時間はネットワーク以外がつくった番組放送をしなければならない。「独り勝ちは許さない」とあり。
一方、日本の場合は「無策 テレビの独り勝ちを助長」
広告のセクションでは、電通についての記述が浅い気がします。電通については別の本で補足したほうがいいかも。


電通の正体増補版  『週刊金曜日』編集部

まだ読んでない本ですが。目次は以下のとおり。(上記リンク先より)
【目次】(「BOOK」データベースより)
1 広告業界制覇のカラクリ/2 テレビを支配するメディアの地主/3 公正取引委員会が本格調査に着手した広告業界/4 新聞社にも圧力/5 葬式から五輪・万博まで/6 永田町との深い関係/7 ブランド人材を買い漁る/8 電通前史 テレビと広告に転機はくるのか/9 対談 大下英治×佐高信 「小説電通」の作者が語る舞台裏

posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin