2013年02月16日

2013年02月15日のつぶやき

minori_okd いろいろ凝縮されている台詞だ。素晴らしい。 RT @kurobutausa_m: 今夜の「最高の離婚」のセリフで響きいたこと→「男が子供だから女はこうなるの。妻って結局、鬼嫁になるか泣く嫁になるかの二択しかないのよ。馬鹿馬鹿しい。夫婦なんて茶番だよ」 at 02/15 00:12


このセリフもすごいな。
「浮気はやめてとか,ウソはやめてとか,負けてるほうは正しいことばっかり言って責めちゃうんだよ。正しいことしか言えなくなるんだよ。正しいことしか言えなくなると,自分がバカみたいに思えるんだよ」


minori_okd 日刊blog 2013年02月14日のつぶやき http://t.co/7QXgRODn at 02/15 02:50

minori_okd 日刊 #なでしこ ジャパン #nadeshiko 紙が更新されました! http://t.co/pWN3TfdN ▸ 本日トップニュースを提供してくれたみなさん: @1978yuji @iwashi_azu1014 @ebashi_y at 02/15 07:34


ジャーナリズムの原則   ビル・コヴァッチ

高田昌幸さんのレビューにこうありました。
本書は、記者の仕事に携わる人なら、だれもが読むべき1冊である。米国のジャーナリズム関係の団体が徹底した討論を重ね、その成果として出版された。残念ながら絶版ではあるが(新版は翻訳されていない)、私は手元に2冊置いてきた。1冊は線引きや書き込みでぼろぼろだ(もう1冊は保存用である)。

高田さんは、北海道新聞の記者だったときに、北海道警察の裏金事件を暴いた記者です。(現在は高知新聞記者)
新聞記者は不正をあばく。記者に課された当然のことが、様々な圧力によって阻止されようとするなか、高田さんは、報道を続けた方です。
その経緯はこの本に詳しいです。↓
真実  高田昌幸
【送料無料】真実 [ 高田昌幸 ]

【送料無料】真実 [ 高田昌幸 ]
価格:1,995円(税込、送料込)



権力vs.調査報道   高田昌幸 小黒純
【送料無料】権力vs.調査報道 [ 高田昌幸 ]

【送料無料】権力vs.調査報道 [ 高田昌幸 ]
価格:2,100円(税込、送料込)


この本は、さまざまなスクープ記事を書いた記者による証言集。
社外秘の資料が、誰によってリークされたのかわかるような細工とか、あるんですね。

読みたい本は山ほどあるけど、図書購入に使えるお金は限られています。
上手に図書館や古本を活用しながら、手元において置きたい本は買ってます。
これら3冊は購入した本です。
posted by みの at 00:01 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
環境ブログランキングに参加しています。
人気ブログランキングへ
Blog Widget by LinkWithin
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。